撮影機材レンタルはこちらをクリック

IVC 2020 秋 オフライン大会に見る eスポーツ大会の裏側 #1


IVC2020



序文

NetEase Gamesが開発・運営する, 基本プレイ無料の非対称対戦ゲーム『IdentityV 第五人格』は,日本にて賞金総額800万円規模のeスポーツ大会“Identity V Championship Japan Fall2020”を開催した。

10月初旬より開幕した、秋季IVCは、 予選大会、グループ戦、ベスト8戦と多くの強豪チームや新たな実力者たちが並々ならぬ実力を発揮し、 多くのファンを魅了する熱い戦いを繰り広げた。準決勝以降の試合はオフライン会場で無観客形式で戦われた。

決勝戦に駒を進めた, AS戦隊とLN戦隊。
AS戦隊が初戦を制したと思えば, すぐにLN戦隊が2戦目を勝利する一進一退の攻防を繰り広げる。

試合が動いたのは4戦目。
AS戦隊が勝利し、優勝に手をかけるが、LN戦隊もまったくひるまず、5戦目の前半でサバイバーが3人脱出に成功し、LN戦隊の優勝になるという逆王手をかける。
 
大注目の最終戦は, LN戦隊のハンター・LNヽAlf選手がAS戦隊のサバイバー4人全員を脱落させる大活躍を見せ, 見事LN戦隊が優勝を決めた。まさに日本一を決めるに相応しい、大接戦となった。

LN戦隊優勝

参考:大会のレポートは以下の4gamer.netの記事に詳しい
https://www.4gamer.net/games/419/G041925/20201102138/




巷では大規模なeスポーツの配信も多く行われるようになってきているが、その裏側の情報、(システム的な情報)はまだまだ公開されているものは多くない。

eスポーツ配信の現場、特に今回のようなオフライン大会の配信は(無観客とはいえ)システムは大規模で複雑なものとなる。その要件はゲームタイトルやゲーム媒体(PCなのかスマホなのか)によっても大きく異なる。

この文書は、10月31日、11月1日に行われたIVC2020(秋)のeスポーツ現場のシステム的な、技術的な裏側を紹介する。このことが、大会を裏側で支える技術系企業の参入の一助となり、業界の裾野がひろがる一助となれば幸いである。

なお、なるべく情報はオープンにするつもりであるが、守秘義務、著作権、その他営業秘密上の問題により、公開できない情報もあることはご容赦頂きたい。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です