撮影機材レンタルはこちらをクリック

IVC 2020 秋 オフライン大会に見る eスポーツ大会の裏側 #2

第1部 映像システム編

システム概要

Identity5 の大会はスマホでプレイ

序文で述べた通り、eスポーツオフライン大会のシステム図は大規模になり、案件ごとにも大きく異なる。

・スマホを用いたゲーム
・故に、選手のプレイ端末はスマホとなる
・対戦形式は 4 vs 1 (非対称 鬼ごっこ)
・OB(オブザーバー)端末は、PCとスマホ併用

といったところが本件の特徴的なところか。

以下の図は、イベント開催前に検証用に書いたシステム設計のシステム図だ。
いきなり提示されても何が何やら分かりにくいため、本書ではざっくりオンライン系とオフライン系を分けて解説したいと思う。

実況解説席はオンライン系なのかオフライン系なのかなど、分類上気になる点もあるが、便宜上のものなのでご容赦頂きたい。

システム図 クリックで拡大します。

補注:
※検証用システム図なので、実地のモノとは若干異なります。
 実際はもう少し複雑化しましたが、上記が適度な簡素さなので本書で採用しました。

※全部Video Hub入っていて、どこがどう繋がってるの?
 想定イベントの要件をお知らせください。有償にてシステム設計のご相談承ります。

※間違いや不適切な部分がある! 
 はい、検証用なので。
 ここからブラッシュアップして、実地に望みました。実地での改良も有りました。
 有償でのシステム提案承ります。

※末尾にIVC2020夏のシステム図を掲載しました。
 何がどこから来てどこに行くかは、そちらの方が分かりやすい。

下サブの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です