撮影機材レンタルはこちらをクリック

ポケシネ6Kとそれからキヤノンの24-105mmのレンズを使って

こんにちはパンダスタジオの中村おりおです
今日はですね、Blackmagic Designのポケシネ6Kとそれからキヤノンの24-105mmのレンズを使って収録をしています。

Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 6Kのレンタル

なぜこういうふうに収録をしたかったかというと、先日紹介したZOOMとかでのWeb会議、リモート会議をする時に、ATEM Mini Proに一眼レフの絵を入れるとかっこいい絵が撮れますよ、その絵でリモート会議できますよ、というような紹介をしました。

ATEM Mini Pro でオンラインセミナーをするためのオンラインセミナー開催するよ
https://panda-times.com/atem-mini-2/

ATEM Mini Pro をPCにつないで、ZOOMの画質を向上させる
https://panda-times.com/atem-mini-pro-pc-zoom/

その時の会議室は501会議室で、後ろが白壁ですね。
普通に、そんなに背景がウザくなかったものですから、今回はパンダスタジオ浜町の控室から、あえて機材が置いてある、背景がちょっとうるさいところで、収録をしてみました。
こんな感じですね。

ポケシネ6Kとキヤノン24mm-105mm

※この画質は手元収録データです。ZOOM等を使って、この画質で相手に見えるわけではありません。

実際にこれ本当に普通にはウェブカメラで全部ピントが合ってい感じだったらどんな感じになるでしょうか。
ちなみに、今は24mmの広角端で撮ってます。

Webカメラが手元にないので、ピントを後ろの機材に合わせてみます。

機材の方にピントを合わせてみる

ピントを後ろに合わせていくと、こんな感じのちょっとごちゃごちゃした感じだったりするわけです。

これを、演者の方にものピントを戻していくと、まぁこんな感じでですね。

演者にピント戻し

いい感じのボケ背景を使ってしゃべれると。
ここに何かね、関連機材置いてちょっとそれっぽいですよね。

こんな感じで、一眼レフを使うとちょっと絵をかっこよくしながら
ATEM Mini Proを挟むことによって一眼のちょっとかっこいい映像で相手に配信できると、
まあそういう使い方がいいんじゃないかなという紹介でした。

Canon EF24-105mm F4L IS USM EFマウントのレンタル

Blackmagic Design ATEM Miniのレンタル

おまけ:
ちょっと機材は異なりますが、このあたりも参考になるかと思います。
drikinさんのYouTubeチャンネルです。

「今こそビデオ会議で差をつけよう! ~ Blackmagic Design ATEM Mini ~」第908話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です