撮影機材レンタルはこちらをクリック

[実例紹介] Blackmagic ATEM Mini で PinP の利用参考事例

みなさんこんにちは。パンダスタジオレンタルのスタッフです。今日はブラックマジック社から新たに発表されております。
ATEM Mini というスイッチャーについてご紹介します。

Blackmagic ATEM Miniの紹介動画

YouTubeのライブ配信やSkypeを使ったビジネスプレゼンテーションに特化して設計されたライブプロダクションスイッチャーは2019年11月に発売の商品です。

ATEM Miniは3万円台のスイッチャーなんですけれども、この値段でとは思えないぐらいいろんなことができます。

スタッフ

3万円台でさまざまな機能を搭載!

4入力あるソースの切り替えが可能ですが、実は、PinP(ピクチャーインピクチャー)も簡単なボタン操作で行うことが可能です。

PinP(ピクチャーインピクチャー)の実例

PinP(ピクチャーインピクチャー)についてちょっと簡単に実例をご紹介したいと思います。CUTボタンの上のほうにピクチャーインピクチャーというですね文字が書いてあります。↓

CUTボタンの上あたりにPinPのON OFF ボタンがあります。

画像右上の方で赤くなってるところにオンオフボタンがあります。

ここで、PinP(ピクチャーインピクチャー)をオンにするとPinPが行われます。

また、その横(左)に、どの位置にピクチャーインピクチャーをするかという指定をするボタンが4つあります。このボタンで、この位置にピクチャインピクチャを出す、といった切り替えることができます。

例えばゲーム実況などの用途に、PinP(ピクチャーインピクチャー)機能が使えると思います。

冒頭に貼った動画内の画面に映しているのは Nintendo Switch の オバケイドロ!というゲームです。こちらのゲームは、1台の本体の画面を4つに画面を分割して、4人までて遊ぶことができます。

今回は、このゲーム本体からの出力と、ゲームプレイしている人の映像という感じのカメラの映像、これをPinP(ピクチャーインピクチャー)してみます。

こんな感じでですね↓

ATEM Mini で PinP を試した画面

ゲームやってる人とそのゲーム画面っていう感じで簡単にできます。

PinPは1ソース分のみ

このゲームは、プレイが始まると後ろの画面が4人同時プレイの4分割画面なので、全部、PinP 欲しい気がしますが、ATEM Miniそこまでの機能はないので一か所だけです。

1つだけなんですけど、例えばプレーヤーが1人だけだったらこれで十分ですよね。
その他の用途としては、ゲーム実況の他には、セミナーでしょうか。
スライドをもとに喋る、そういう用途の場合にPinP(ピクチャーインピクチャー)機能を利用できると思います。

3万円台のスイッチャーが、ボタン一つでPinP(ピクチャーインピクチャー)機能を利用できる、凄いと思います。

Blackmagic ATEM Miniのレンタル

パンダスタジオのレンタルでも入荷次第、取り扱い予定ですので試してみて頂ければと思います。
※パンダスタジオ レンタルでも、入荷次第レンタル開始いたします。以下のWebよりお申し込みください。

申込

ATEM Mini|Inter BEEの見どころ|ブラックマジックデザイン社|(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です