撮影機材レンタルはこちらをクリック

ATEM Mini Pro はここに注目!- LANケーブル繋いで直接配信

ATEM Mini Proは、LANケーブル繋いで、直接Youtubeなどに配信が可能になりました。
これまでのATEM Mini は、USB-CケーブルでPCにつなぐか、HDMI-OUTを何らかのエンコーダー(LiveU Solo や LiveShell.Xなど)につなぐ必要がありました。

ATEM Mini Proでは、そういった必要がありません。
ソフトウェアコントロールで設定すれば、直接配信が可能です。
(何らかの方法でATEM Mini Proをインターネットに接続させる必要はあります。)

イーサネット経由でインターネットルーターに接続して直接配信。

ATEM Mini Proには配信機能が搭載されています。
ATEM Software Controlを使用してストリーミングサービスを選択し、ストリームキーを入力するだけです。
このセットアップが完了すれば、「ON AIR」ボタンを押すだけで配信できます。

「ON AIR」および「OFF」と記載されている配信ボタンを使用すれば、
ATEM Mini Proから直接配信を開始/停止できます。

放送が終了したら、「OFF」の配信ボタンを押すだけで配信を停止できます。

配信の方法

ATEM Mini Proから配信を行うには、ATEM Software Control から設定を行います。
(詳しい使用方法などは、別記事で解説します。)

ここでは、ざっくりと、 YouTube で Live 配信を行う方法を紹介します。

ATEM Software Control 出力タブの設定

上の画像は、ATEM Software Control の出力タブの様子です。

  • 出力先は、faceBook,Twich,Youtubeの3つ
  • 設定は、サーバをプルダウンで選び、キーを入力する
  • という事が分かります。
    では、Youtube で キー(ストリームキーともいいます)を入手するにはどうしたらいいでしょうか。

    Youtubeにログインして、右上のライブ配信を選択

    まずは、Youtube Studio に移動します。Youtubeにログインして、右上からライブ配信を開始をクリックします。

    新しいライブ配信 を選ぶと ↓ のような画面が表示されます。

    クリックすると画像が拡大します。

    ここで、ストリームキーをコピーします。

    ストリームキーを入力

    コピーしたら、ATEM Software Control に戻り、ストリームキーをペーストします。
    (画面上では、xxxxxxxxxx としています。)

    ON AIR

    これで、Youtubeに動画をおくる準備ができました。配信ボタン(ON AIR ボタン)をクリックすれば、Youtubeにデータが送られます。

    Youtube上で配信開始をクリック

    この状態では、まだYoutube上で配信開始されていないので、Youtube Studio の画面に戻り、配信開始をクリックします。

    これで、はれて配信開始されます。

    配信が終わったら逆に、Youtbe Stuido上で配信停止をクリックします。

    Youtubeで配信停止したら、ATEM Software Control で OFF にしましょう。

    こんな感じで配信が可能です。↓

    ※ゲーム配信に嬉しい、1080p60 対応で配信可能です。

    おまけ

    オーディオコントロール

    音声入力は、ATEM Software Control のオーディオタブで確認可能です。
    入力ソースの音声がONになっているか、音声レベルが適切か、はこちらで確認しましょう。OFFになっている場合、当然ながら無音配信になります。。。


  • ATEM Mini Pro はここに注目!- USBフラッシュディスクへの収録(H.264)
  • ATEM Mini Pro はここに注目!- LANケーブル繋いで直接配信
  • ATEM Mini Pro はここに注目!-4系統のHDMI入力とPGM/PVWを確認可能なマルチビュー!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です