撮影機材レンタルはこちらをクリック

Tricaster 2 elite Live Call Connect

今回はトライキャスターのライブコールについてご紹介したいと思います

以下の、本家動画を参考にしました。
というかこちらの動画の方が役に立つと思いますので、
興味のある方は、以下の本家動画も是非ご覧ください。

Tuesday Tutorial :
Live Call Connect with TriCaster 2 Elite

TricasterのLive Callは、Skype TX とかZOOMとかそういった、ビデオチャットアプリ、ビデオミーティングアプリの映像を素材として取り込むことができます。」
この機能を使わなくても、適当なPCでZOOMに接続して、そのPC のアウトをTricksterに取り込めば、似たようなことはできるんですけれども、今回ご紹介する機能を使うと、ZOOMなどからの入力を個別に素材として使うことができます。」
ZOOMとかのカメラ映像なんで、画質はともかくとして素材の加工はPCとかから取り込んだ時よりも楽になるんじゃないかなと思います。

Live Call Connectを使おう

それでは早速、ご紹介したいと思います。
まずは、準備です。
今回は、Tricaster 2 のマルチビューに二台のディスプレイを繋いでいます。

こっちはメインのマルチビュー(Multiview1)ですね、マルチビュー2の方に Local Default から Add Desktop を設定します。

Tricaster上でZOOMを起動

こちらがデスクトップの画面ですねこんな感じでブラウザを立ち上げたりとか Skype tx とかあとはZOOMなども立ち上げることができます
今回はZOOMを立ち上げてみたいと思います。
こちらをクリックして少々持ちください

サインインを行います.

ZOOM サインイン後

サインインした後こんな感じで、今回は New ミーティングで会議参加します

ZOOM 会議に参加後

今こちらが、ミーティングに参加した後の画面ですね

ここはトライキャスター上で走ってますが、ZOOMのアプリと一緒なので、英語表記になってますが、いつものZOOMの画面ですね、

コンピューターのオーディを使う

コンピュータオーディオを使う、許可しておきましょう。

ZOOMのコーラーをIPUTにアサイン

トライキャスターのZOOMの画面から、Assign Coller to input をクリックします
そうするとこんな感じですねー

こんな感じの画面になって、トライキャスター上にズームの参加者が表示されています

トライキャスター上に表示

Input9 10 11のところに入ってますね。

Liveをクリック

マルチビュー2 の ZOOM の画面で Live をクリックすると、

トライキャスター上に、映像が入力

ZOOM側にロックがかかり、トライキャスター上に、映像が入力されます。

ZOOM側

現在、(ZOOMから)きた映像をそのまま、ZOOM側に返しているので、ZOOM側だとこう見えます。

ZOOMの映像を素材にして合成

先ほど説明したように、ZOOMからの映像がInput10に入って、PGM-OUTにInput10を出しているので、同じ映像がズームから入って、ZOOMに出ていってます。

このINPUTはライキャスターの素材として利用可能ですので、キーヤーを設定したりとかすれば、合成などできます。

背景の緑をキーイングして

裏地はDDRで適当な絵を

裏地はDDRで適当な絵を入れています。
このようにすることで、ZOOM側には合成後の映像を返しています。

ZOOMからの入力を止める

停止したい時、は、ZOOM側の画面で、Liveを再度クリックして無効にします。
その後は、普通に、ZOOM側の操作として、会議からの退室や会議の終了を行ってください。

画質どうなの?


こちらが、Tricaster 側でRECした映像ですね。
やはり、素材がZOOMからの映像なので、ちょっとこんな感じのぼやけた感じになってます。
ここはZOOM画質になってるのは、しょうがないですね。

画質はこんなもんでした、ということで今回は、Tricaster 2 elite Live Call Connectの紹介でした。

NewTek TriCaster 2 Eliteのレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です