撮影機材レンタルはこちらをクリック

リモートカメラ KY-PZ100 を PoEで動かすには

JVC のリモートカメラ KY-PZ100 は LANケーブルを使用した給電(PoE)で給電して動作させることが可能です。

しかしながら、
PoE 対応のハブを使用したのに動作しなかった、というお問い合わせがありましたので、解説いたします。

PoEの規格

PoEには、PoE、PoE+、PoE++という三つの仕様があり、それぞれで供給できる電力量が異なります。

名称 PoE PoE+ PoE++
規格 IEEE 802.3af IEEE 802.3at IEEE 802.3bt
電力量 15.4W 30W 90W
主な用途 無線LAN親機 リモートカメラ 4Kカメラ、サイネージ

電力を供給する側の機器(例えば、PoE対応のハブ)、などは、電力を受け取る側の機器に対応した機材である必要があります。
今回の例では、KY-PZ100が必要とする、PoE+ に対応する機器である必要があります。

ごく単純にPoE対応と行った場合は、15.4W の IEEE 802.3af にのみ対応したものである事がほとんどです。この場合、PoEは15.4Wまでしか供給できませんので、電力が足りず起動しません。

KY-PZ100に限らず、リモートカメラは、PoE+という規格に対応したものが多いため、動作のためにはPoE+に対応したハブなどを選ぶ必要があります。

ギガビットハブ 8ポートハブ (PoE+30W 8ポート/全体123W) NETGEAR 108PP-100AJSのレンタル

JVC PTZ リモートカメラ KY-PZ100/W (白)のレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です