撮影機材レンタルはこちらをクリック

HyperDeck Studioシリーズ|Inter BEEの見どころ|ブラックマジックデザイン社|(1)

みなさんこんにちは。パンダスタジオレンタルのスタッフです。メディア&エンターテインメント総合展示会Inter BEE の季節となってまいりました。数多くの放送機器が展示され、放送関係の業界では必見ともいえるイベントですが、展示の数が多いので、「あれを見たい」というのを絞っていかないと、思わぬ見逃しがあるかもしれません。

今回のシリーズでは、中の人(出展社)の人に、見どころを聞いてきましたので紹介いたします。

まずは、ブラックマジック社の中の人の聞いてまいりました。
※記事は、メーカー担当者に聞いた内容をもとに、PANDASTUDIO.TVにて再構成したものです。


スタッフ

まずはじめにチェックして欲しいのがこちら!

展示会などでは、後日、「聞いたような気がするんだけど、アレなんだっけ?」「例の情報どこにあるの?」といったお問い合わせをいただきますので、基本的にすべての製品情報はWebに公開し、公開してある情報をもとに案内する、というスタンスをとっております。
なので、展示会で気になる製品を見つけていただき、その製品の詳細や仕様は、ホームページで確認いただく、というのが確実です。

ということなので、追々ご確認いただくとよいかと思います。

HyperDeck Studioシリーズの分類

まずは、ディスクレコーダー製品である、HyperDeckシリーズについて紹介します。HyperDeckシリーズは、大まかに、3つタイプがありまして

HyperDeckシリーズのタイプ別分類

  • 一番大きな8Kに対応したタイプ
  • 1Uのタイプ
  • 小さいSDカードで収録できるタイプ

の3タイプになります。

ブラックマジック社の大きなテーマは8K

今回のHyperDeckの見どころですが、今年のブラックマジック社の大きなテーマとして8Kというものがあります。
8Kについては、NHK様を中心として大きな注目が集まっているようです。

申込

HyperDeck Extreme 8K HDRの紹介動画

8Kのデッキとしてご利用頂けるのがこのHyperDeck Extreme 8K HDR になります。

ちなみに、よくある間違いですが、下の写真の左右別製品です。

HyperDeck Extreme 8K HDRとHyperDeck Extreme Control

一体型のように見えるんですが、左と右は別製品です。

左の方はHyperDeck Extreme 8K HDRのデッキ本体、 右の方がHyperDeck Extreme Controlというものになります。

注意
写真あるいは展示は、くっつけて展示していると思いますが、製品としての販売は、左と右別々での販売となります。ご注意ください。

単純に収録・再生したいという事であれば左側のHyperDeck Extreme 8K HDRを使用し、もっと詳細にコントロールしたい、例えばジョグを使って再生個所を移動させたいとか、そういう場合には、右側の Extreme Controlも追加していただく形になります。
当然ながら、右側のコントローラーだけでは収録はできません。

逆に他社のデッキと組み合わせて、他社デッキのコントロールも可能です。

8kを収録して再生して且つモニタリングを出来るというのが HyperDeck Extreme 8K HDR になります。操作はタッチパネルからコントロールすることも出来ますし、先ほどのコントローラーからコントロールすることもできます。

単純に8k収録・再生用途であれば、本体だけでコントローラーは必要ないともいますが、
例えば、放送局さんなどで、従来のデッキと同じように使用したい、従来のデッキの置き換えで使用したいという場合には、コントローラーが必要になるとおもいます。

収録媒体
CFast 2.0カードスロット x2、あるいは、USB-C 3.1 Gen 2拡張ポート x1 になります。
CFast2.0 のカードの推奨カードはサポートページをご確認ください。

1UラックマウントのHyperDeck Studio シリーズ

よりポピュラーな製品としてハイパーデッキスタジオシリーズがあります。
こちらは従来より多く使用されているモデルなので、来場者の方でも使用された方もいらっしゃると思います。

製品シリーズの分類ですが、すごくざっくり説明すると
12G6GHD かという違いになります。

申込


HyperDeck Studio 12Gは4K60p まで対応

申込


HyperDeck Studio Pro は6G つまり 4K30pまで対応

申込


HyperDeck Studio は HD まで対応という形になります。

どこまでのフォーマットを使用するかということで、どのモデルを使うかというものをご判断いただければと思います。
また、Proは、音声(XLR)の入力も可能ですので、XLRで音声も収録したい場合には、HD環境の収録であっても、HyperDeck Studio Pro を採用いただく方が便利かと思います。

収録は SSD で行う形になりますので
推奨のメディアは先ほどと同様、サポートページにてご確認ください。

HyperDeck(ハイパーデック)シリーズの見分け方

ところで、手持ちのハイパーデックがどの製品だろう?というのを迷った場合、正面にロゴがついておりますので、そのロゴで12G 4K 無印(HD) というところをご判断いただければと思います。

HyperDeck Studio Mini

申込


HyperDeck Studio Miniですけども、こちらのモデルは SD カードで収録するモデルです。先ほどの1Uのタイプに比べて1/3Uという非常に小さいサイズが魅力です。

例えば3台並べて1Uでラックマウントすることができます。

申込

こちらのHyperDeck Studio Miniは6G 4K30P までの信号に対応しています

また、こちらのモデルは、H.264での収録に対応していますので、撮ってそのまま上げる(やっても簡単なカット編集くらい)といった用途で、便利に使用できると思います。

価格帯的には、次に紹介する、VideoAssistシリーズとどっこいどっこいなので、どちらを使用するかは置き場所のサイズや場所(HyperdeckはATEMからリモートコントロール可)と相談して判断いただくとよいとおもいます。

スタッフ

HyperDeck Studioシリーズをざっくりまとめると
HyperDeck Studioシリーズのまとめ

  • 8K対応の HyperDeck Extreme 8K HDRはデカい。コントローラーは無くても可
  • 12G、6G、HDに対応した、HyperDeck Studio シリーズ
  • XLRを入力したいなら、HyperDeck Studio Pro を使おう
  • HyperDeck Studio MiniとVideoAssistは悩みどころ。
  • 推奨メディアの情報は、必ずサポートページで確認

HyperDeck Studioシリーズの質問

収録機用途の場合、ProのXLR入力が便利なんですが、12G Pro は出さないんですか?

12GでXLRを入れたい用途の場合 HyperDeck Extreme 8K HDRをつかってください。

だそうです。
ちょっと大きくなりますが、仮に1U版でだしても似たような価格になると想定されるため、製品化のメリットが薄いと判断されたようです。

12GでXLRを入れたい用途は HyperDeck Extreme 8K HDRで!

パンダスタジオ レンタルでは最新機材情報やお得な情報をTwitter(@pandastudiorent)、Facebookページで配信しております。ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

スマホで簡単レンタル申し込み

法人・個人のレンタル申し込みも来店不要!
📱ひとつで会員登録が簡単完結!
5,500円(税込)以上のご利用で全国 送料無料!🚛💨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です