撮影機材レンタルはこちらをクリック

ATEM Mini を使ってFaceRigを合成しVTuberにトライしてみよう

Facelig 合成 ATEM mini

FaceRigとはなにか、どんなことができるか。

FaceRig(フェイスリグ)は、パソコンでウェブカメラを使い、手軽に3Dモデルを操作できるソフトです。求められるPCのスペックも高くなく、手軽に始めることが可能です。

FaceRigの購入はSteamから可能です。

FaceRigを使用すると、カメラに映った使用者の顔に合わせ、キャラクターの表情が変わります。
サンプルモデルを使うだけなら、特別な設定をしなくても自動で顔を認識してくれるので、手間もかかりません。
また「Live2D」にも対応しており、2Dのイラストを使用したモデルでも、表情を豊かに再現してくれます。

例えば、こんな感じです。

簡単な使い方

FaceRigの購入とインストールについては、以下のサイトが分かりやすかったです。
steamという、海外のゲームを販売・ダウンロードができる有名なプラットフォームがありまして、そこでFaceRigを購入することができます。

FaceRigの購入とインストールを分かりやすく解説
https://degifeel.com/facerig-purchase-install/

また、FaceRigを利用して、ゲーム配信などを行う場合は、以下のサイトを元に設定を行ってみてください。

参考:
FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
https://vip-jikkyo.net/how-to-use-facerig-with-streaming-software

FaceRigでゲーム配信
FaceRigを使用して、アバターでSkypeしたい、といった用途の場合は、上述のようにインストールすれば、FaceRigの出力を
Webカメラとして認識してくれるので、Skypeなどでの映像ソースをFaceRig Virtual Cameraに設定します。

例えば、ゲーム配信などでFaceRigでアバターを使用したい場合は、配信ソフトの映像ソースにFaceRig Virtual Cameraを
設定すればよいわけです。(上述の参考リンクを参照いただくと詳しい方法が掲載されています。)

ATEM Miniで合成してみる。

さて、上述の方法は、PC1台でFaceRigや、OBS、場合によっては配信用のゲームまで稼働させるので、FaceRigはそれほどマシンパワーを要求しなくても全体としては、かなりのマシンパワーが必要とんされてしまいます。

そこで、いくつかの機材を投入して、役割を分担させ、各個の負荷を低減させてみましょう。
具体的にはこんな感じ。

ATEM Mini

・FaceRigの映像を、PCから出力し、ATEM Mini に
・ゲーム配信映像をATEM Mini に
・ATEM Mini で合成して出力、ネット配信や収録など

このようにすることで、機材の負荷を抑えることができます。
具体的には、FaceRig と OBSの同時起動では無理のあったノートPCでも上記の校正であれば、(FaceRigだけを担当したので)普通に稼働しておりました。

なお、ATEM Mni を使ったクロマキー合成については、以下のURLを参照してください。

ATEM Mini を使ってみよう!(6) ATEM Mini のクロマキー機能
https://panda-times.com/atem_mini_key/

以下はその様にして、ATEM Miniで合成した結果です。

ATEM Mini のレンタル

ATEM Mini は以下のURLからレンタル申し込みが可能です。
興味のある方は是非試してみてください。

申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です