撮影機材レンタルはこちらをクリック

NDIでスタジオの映像を控室に送る

昨今の情勢により、スタジオに大人数が入るのは憚られるようになりました。
そうなりますと、演者さんや関係者さんが詰める控室に、スタジオの様子を送る場面も出てきます。

例えば、パンダスタジオ浜町の場合、建物の1FにAスタジオ、3FにAスタジオのサブ(副調整室)、
5FとB1Fに控室があり、スタジオ横に前室があります。

方法として考えられるのは、

  • 映像を出したい場所までSDIケーブルで引き回す
  • インターネット経由で視聴する
  • NDIを使って建物内のLANに乗せる
  • こんな方法があります。

    映像を出したい場所までSDIケーブルで引き回す

    これが一番分かりやすい力技でしょうか。いつもの方法といえます。
    3G-SDI(フルHD)までであれば、100mくらいは引き回せますので、養生テープなどでケーブル処理さえできればこれで大抵は何とかなります。
    パンダスタジオ浜町でも1Fの前室やレストラン(ランゴロ)までなどはこの方法が良く使用されます。

    インターネット経由で視聴する

    インターネット生放送されている番組で、特に同期が必要ない場合(例えば、番組途中からの出演者に番組の様子を見せる)であれば、この方法もよく利用されます。
    方法としても建物内WiFiを使用して、PCなどで視聴しているだけなので単純です。
    パンダスタジオ浜町では、5Fの控室、地下の控室などでこの方法が良く利用されています。

    NDIを使って建物内のLANに乗せる

    この方法が今回ご紹介する方法です。上記2つよりちょっとなじみが薄いので、上記2つがなんらかの理由でハマらないときに利用されます。

    例えば、インターネット生配信モノでないとき(収録とか)、複数の映像ソースを少ないケーブルで送りたい、などの用途になります。
    方法はこんな感じです。

    単純に、SDI-NDIのコンバーターで映像をLANに乗っけて、控室に置いたPCでデコードして、PC出力を大型ディスプレイなどで表示します。システムを図示するとこんな感じです。

    NDIでスタジオから控室に映像を

    それではまずは、NDIコンバーターを用意します。

    Magewell Pro Convert SDI Plus

    こちらにSDIで映像を渡して、Aサブ横(307)から生えているLANケーブルに接続します。

    コンバータへは、USBケーブルでPCと接続してブラウザで、 http://192.168.66.1 へアクセスすることで以下のような管理画面が表示されます。

    管理画面

    特別な設定は必要ありません。状況を確認するとこんな感じ。

    NDI Status

    館内のLAHはDHCPでIPを振ってくれるので、IPも自動取得されます。

    では、PCで確認してみましょう。NDI Studio Monitor を立ち上げてみましょう。

    PRO CONVERTER

    Pro Convertが目に見えてますね。

    では、控室(地下1F)に移動してみましょう。
    もうLAN上では見えているので、このPCを地下に持っていって、ディスプレイに繋げるだけです。

    地下の会議室で。

    このような形で、地下の会議室でAサブから送った映像をNDIで確認可能です。

    Magewell Pro Convert SDI Plus (SDI to NDI)Full NDIのレンタル

    BNCケーブル100m【12G-SDI対応】のレンタル

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です