撮影機材レンタルはこちらをクリック

Kiloview N20 for NDI を使ってiPadで表示したゲーム映像をNDIで映像を送り出してみよう

みなさんこんにちは。パンダスタジオレンタルのスタッフです。

昨日の記事では、NDIで送られてきたものをKiloview N20 for NDI で受信して、HDMIから出力しました。

ただ、多くの場合は、映像信号をNDIでスイッチャーなどに送ることになると思いますので、今回は、映像信号をNDIで送る方法についてみていきたいと思います。

尚、NDIってそもそも何?という方は、以下の記事を参照ください。
NDIってなに?LANケーブルで映像データを送る方式 NDIについて学んでみよう

映像信号をNDIで送ることができる機材はこちら

映像信号をNDIで送るには、何らかのNDIコンバーターを用意するのが手っ取り早いです。例えば、Kiloview N20 for NDI などもNDIコンバーターに該当します。

HDMI ⇔ NDI 双方向コンバーター Kiloview N20 for NDIのレンタル

Magewell 社の Pro Convert SDI Plus も良いNDIコンバーターですね。

Magewell Pro Convert SDI Plus (SDI to NDI)Full NDIのレンタル

また、コンバーターでなくとも、NewTek社のスイッチャーは、近年のバージョンであればNDIに対応していますし、NDIで吐き出してくれるPTZカメラも出てきました。

NDIコンバーターのだいたい共通する使い方

  • NDIコンバーターにLANケーブルを指す
  • NDIコンバーターに電源を入れる
  • NDIコンバーターに映像信号を送る。(HDMIとかSDIとか)

だいたいこんな感じです。LANは、DHCPで動的にIPアドレスをもらえる環境になっていると楽です。

MEMO
DHCPが良くわからない場合は、そのLANにPCなどを追加したときに、手動でIPアドレスなどを設定しなくてもすぐに使える状態になるか否か、が一つの目安になると思います。
すぐに使える場合は、DHCPが有効になっていて、IPアドレスが自動で配布されている環境であることが多いです。詳しくは、該当のLANの管理者に確認するのがよいでしょう。

LANにつないで、映像を与えれば、すぐにそのLANにNDIで映像送出を始めているはずなのでNDI ToolS の NDI Studio Monitor で映像を受信してみましょう。

NDI TOOLS
https://ndi.tv/tools/

NDI Studio Monitor|左上のアイコンでチャンネルを選択

iPad→NDIコンバーター→PC上のStudio Monitor

iPadで表示したゲーム画像を、HDMIでKiloview N20 for NDI に取り込み、LAN経由で、PC上のNDI Studio Monitor に表示しています。

このように特にネットワークに問題なければ、簡単に映像送出ができるのがNDIの良いところです。

特にLANケーブルで伝送できるので、長距離(100mクラス)でも伝送できるのが便利です。特に局社内、同一建物内での伝送には力を発揮すると思います。

おまけ

今回の映像は、けものフレンズ3 というスマホアプリの動画です。気になった方は是非遊んでみてください。取り急ぎ、直近の生放送の模様を貼っておきます。

パンダスタジオ レンタルでは最新機材情報やお得な情報をTwitter(@pandastudiorent)、Facebookページで配信しております。ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です