撮影機材レンタルはこちらをクリック

いつでもどこでもコンセント | JVC ポータブル電源


はいみなさんこんにちはパンダスタジオの中村おりおです。
今日はですね、こちらJVCさんの、いつでもそばにコンセントポータブル電源、
こちらのご紹介をしたいと思います。

JVC ポータブル電源

こちらなんですけれども、欲しいときほしい場所に電源があるということ、というキャッチフレーズなんですが、こんなラインナップがございます。

ポータブル電源 ラインナップ

今、僕が特に推したいのはですね、一番左側、奥側、はい
BN-RB10-Cでまあ大容量のモデルですね、一番でかいやつです

こちらのモデルなんですけれども1002Wh ワットアワーです。
容量的にはつまり1000ワットで1時間保つよ、ということで100Wなら10時間ですね。

容量が減ってくると、電圧が減ってきてしまうので、実際には1000ワット使った場合は1時間ではなくて40分ほどですね。
これくらい利用できる大容量の電源ということです。

しかもこれ、家庭用の並行コンセントとれますから、色々な用途で使えます。

様々な用途に

例えばこれはパンフに載っている様々な用途の例なんですけども、キャンプで使ったりだとか、電気毛布で使ったり、いろいろあるんですが、僕ら的にはこの辺のノートPCと一緒に使うとか、ドローンを飛ばすとかもあると思うんですけど、やはりパンダスタジオ的には、「中継で使う」ですよね

日本品質

こういったバッテリーいろんな製品があると思いますけれども、中継とかそういう仕事で使うのであれば、どこで作ったがわからない奴っては怖いと思うんですよ。
でもこちらはJVCさんがですね、Jackryさんですか、そういう会社と技術提携して作った商品で、パンフにもあるように信頼の国内メーカー品質、国内品質ということです。
使って安心なバッテリーということになります。

利用可能時間

こちらパンフレットの情報を載せておるんですけれども、1000Wh、充電にはだいたい7.8時間、だいたい8時間くらいみてください。

そして溜めに溜めた、1000Whの電源をパンフの方にいろいろ載っていますが、50WのノートPCであれば、15時間、持つよとこんな形で紹介されています。さっきちょっとちらっと言いましたけども1000ワットのIH調理器であれば40分使えますよ、みたいな感じですね

電源のないところで収録

ということでパンダスタジオ的にはやはりこういったポータブル電源どう使ってみたいかっていうと、外に持ち出して、電源のないところからでも収録したい中継したいと、言った感じになると思います。

ちょっとこれはねデモで出してみましたパンダスタジオ浜町の外、隅田川あたりにょっと並べてみたんです
まず奥にあるのが先ほど紹介したJVC さんのポータブル電源、そしてモバイル12.7インチのモバイルディスプレイ

ATEM Mini Pro で pocket cinema camera ですね
この一式があれば、ここで収録を行うことは可能ですね。
あとはこれにLiveU Soloですとかあるいはモバイル wi-fiそういった無線機器をつなげれば、電源の無い外から生中継なんていうことも可能になりちなみにここで紹介しているですね

モバイルの持ち運びできる12.5インチディスプレイなんですけど、これ上蓋を開ければパカッと開けると、ディスプレイになる優れものです。
これはこれでまたどっか別のところで紹介したいと思うんですけども

BM120-4KS 12.5インチ 4Kポータブルモニター + Vマウントバッテリー セットのレンタル

こんなね持ち運びできるディスプレイと ATEM Mini Pro とカメラそういったものさえあれば外からでも中継が可能ですよ
じゃあどれくらいの時間中継できるのかなということなんですけども、主な消費電力調べてみました

ATEM Mini Pro が 36W
Pocket cinema camera 6K 30W
先ほどのモバイル12.5インチモニター36 W
ということでですねこれで100W ちょっとぐらいですかね、

全て計算上で行くと10時間くらい持ちそうですが、多少余裕を見て8時間かなーくらいですけれどもまあまあ仕事でやるんだった半分の500くらいにしておいたほうがいいかなと思いますがそれでも5時間くらいは余裕で
持ちそうな感じですよね

ということでまぁこちらのJVCのポータブル電源おすすめ1002ワットアワーですねはい使えますので
モバイルな中外からの中継用途には非常にオススメです

でこちらの製品ですね、実際に外に持ち出して使ってみたんですけれども仕事では半分くらい5時間くらい持つかなーって言ったのはですね
ちょっと気になったのはここですね
pocket cinema camera を外から外で待つないで撮影をしてたんですけどもこのとき一応製品上の消費電力って30 w なんですよね
もうここで表示を見る限りもうちょっと50弱ぐらい使っているのでこれどっちの問題がわからないんですけど、バッテリーから見たらそれぐらい使われているのかあるいは、一応消費カメラの消費電力30W なんだけど電源がいい時だったらもっとがっつり使ってるっていうのか、あまりね

たぶん皆さんも仕事でやるとしたらそんなにギリギリの電源運用しないと思うんですけども一応普通にカタログ上でもだいたい8掛けぐらいのね

1000 w 全部使うという感じではなくて8掛けくらいですし、仕事で使うんだから半分くらいということで様子見て使っておいたらいいのかなとは思います。
でもね半分で見たってものすごい時間使えますからこれは非常にオススメだと思います

ということでいつでもそばにコンセントポータブル電源ですね
気になった方はJVCポータブル電源で検索していただければでてくると思います

我々パンダスタジオでも販売、レンタルを行ってますのでぜひ試してみてください

JVC ポータブル電源 BN-RB10-C 超大容量 (1002Wh / 278,400mAh) Jackeryのレンタル

JVC 4Kメモリーカードカメラレコーダー GY-HM175の販売

【即納・在庫有】Blackmagic Design ATEM Mini Proの販売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です