撮影機材レンタルはこちらをクリック

宇宙探査イノベーションハブとリコー、 THETAをベースに共同開発したカメラで360°全天球静止画・動画を撮影・公開

JAXA 宇宙探査 イノベーションHUBのサイトに、 THETAをベースに共同開発したカメラで360°全天球静止画・動画を撮影・公開というニュースリリース掲載されておりましたので、紹介いたします。

申込

宇宙空間(宇宙船外)で360°の全方位

宇宙探査イノベーションハブとリコーが共同開発した、宇宙空間(宇宙船外)で360°の全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラが、この度2019年9月25日に打ち上げられた、宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに設置されました。
このカメラはJAXAとSony CSLが共同開発した、小型衛星光通信実験装置「SOLISS」(Small Optical Link for International Space Station)の2軸ジンバル部の動作確認のためのモニタカメラとして採用されています。
THETAが撮影した地球の画像と動画のデータを、リコーが運営するサイト「THETA LAB」、および「JAXAデジタルアーカイブス」(JDA)にて公開いたします。

という事です。
詳細は、以下の記事で公開されておりますので、ご確認ください。

THETAをベースに共同開発したカメラで360°全天球静止画・動画を撮影・公開

THETAをベースに開発という事なので、THETAは宇宙に持っていけないかもしれないですが、地球上で360°映像を撮る分には問題ありません。ぜひ、以下のURLからご確認ください。

申込

この時の中継でも紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です