撮影機材レンタルはこちらをクリック

プロが教える用途や入力端子に応じたビデオスイッチャーの選び方

ビデオスイッチャーの選び方

ビデオスイッチャーで何を選んだら良いか質問を受けることが良くあります。選ぶときに、必ず質問するのは下記の3点になります。

1.入力は、HDMIか、SDIか?

SDI入力のスイチャーがおすすめ

カメラの出力で、HD-SDIの出力がある場合は、HD-SDI入力のあるスイッチャーをおすすめします。業務用で鍛えられてきた安定性、100mまでケーブル長をのばすことができる、音声を16chまでエンベドしておくることができるなど、様々なメリットがあります。同じケーブルの形状で、12G-SDI対応(4K60P)まで対応しているのも特徴です。また、次世代の規格として、LANケーブルを利用するNDIという規格も登場しています。

SDIスイチャーの定番商品

SDI入力のスイッチャーで、定番として人気のスイッチャーを紹介します。入力は、8ch前後のものと、小規模収録の4chのものを選択しました。

Roland VR-4HD のレンタル

ATEM Television Studio Pro 4K の レンタル

Roland V-1 SDI VIDEO SWITCHER の レンタル

HDMI to SDIコンバータを利用しよう!

一方、家庭用のカメラや、ミラーレス一眼レフカメラなどは、HDMIしか出力が付いていないことが多々あります。HDMIは規約上の長さの制限はないものの、実際の利用では、10mを超えると途端に判定になることから、カメラとスイッチャーが、10m未満の環境で利用することが推奨されます。それ以上になる場合は、カメラのHDMI出力をHDMIに変換するコンバータを利用することお勧めします。

Micro Converter HDMI to SDI の レンタル

Roland VC-1-SC レンタル

HDMI入力のスイチャーの特徴

会議室やセミナールームなど比較狭いスペースで、HDMIで10m未満のケーブルでスイッチャーまで配線することができる場合は、HDMI入力のスイッチャーがあります。入門向けで分かりやすく、初めて使うスイッチャーとして分かりやすい物が多かったり、パソコンやタブレット、スマホの映像を簡単に取り込むことが出来るメリットもあります。

Roland V-1HD HD VIDEO SWITCHER レンタル

Blackmagic Design ATEM Television Studio HD レンタル

2.入力数(入力ソース数)は、いくつ必要か?

パンダスタジオで利用しているスイチャーでは、40系統の入力から、2系統入力まで様々な入力ができるスイッチャーをレンタルしています。スイッチャーの中には、ハードウェアのボタンの付いたスイッチャーもありますし、BlackMagic Designのように、ハードウェア、ソフトウェアの両方でスイッチできるものもあります。

40入力以上スイッチャー

40以上の大規模配信、収録に対応したスイチャーを紹介します。大規模なテレビ番組の配信以外に、最近ではeスポーツ用の収録・配信に利用されることが多いです。

44入力スイッチャー(NDI入力)

Newtek IPシリーズ VMC1 レンタル

40入力スイッチャー(12G-SDI入力)

BlackMagic Design ATEM Constellation 8K レンタル

20入力のスイッチャー

10入力〜20入力のスイッチャー

8入力のスイッチャー

4入力のスイッチャー

3.ME列はいくつ必要か?

また、特殊な例として、クロマキー専用のスタジオの場合、スイッチャーに内蔵されているクロマキーヤーの能力が高いものをおすすめすることがあります。

クロマキー合成がキレイなスイッチャー

最近では、フルハイビジョンに対応したHDスイッチャーだけではなく、4Kに対応したもの、8Kに対応したスイチャーも登場しています。高解像度の4Kカメラ、8Kカメラを用意できる場合は、解像度にあわせてスイッチャーを選択する、という手もあります。

解像度で選択:8Kスイッチャー、4Kスイッチャー

最近BlackMagic Designから、8Kのスイチャーが発売されて話題になっています。4K、HDの映像を混在して入力して、解像度をアップコンバーとして利用することができるだけではなく、ビデオハブのような機能をもった高性能なスイッチャーとなっています。

8Kスイッチャー

8Kスイッチャーは、4K、HDの入力も可能です。

4Kスイッチャー

4Kスイッチャーには、4K60P(12G-SDI)対応のものと、4K30P(6G-SDI)対応のものの2種類のスイッチャーがあります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です