撮影機材レンタルはこちらをクリック

kiloview E1 H.264 HD SDI to NDI Wired Video Encoderを試してみたよ

E1 H.264 HD SDI to NDI Wired Video Encoder を試してみました。
SRT対応ですが、まずは、慣れているRTMPで実験。

それではですねkiloview の 
E1-NDI H.264 HD SDI to NDI Wired Video Encoder
こちらを紹介していきたいとおもいます

こちらの機材なんですけども、文字通りHD SDIで入ったものを H.264 でエンコードしてくれるという機械になっておりまして、ポイントはここですね、このSRT対応というところ。

SRT対応エンコーダー

このSRT以外にも、対応ストリーミングプロトコルとしてRTMPや HLSですとかに対応しております。

SRT RTMP HLS に対応

Youtube とか AWS とかそういったところにもエンコードして送信できるということですね
では早速使っていきましょう。

Webの管理画面に入って、今回はRTMP のストリーミングをやっていきたいとおもいます
エンコーダとストリーミングの画面からこちらですねメインストリームでRTMPを選びたいと思います。

メニューを追加したら、今度設定を入れていきます。
歯車をクリックして設定を入れます

パブリッシュをYesにして、パブリッシュポートなんですけどもうちょっと、書き方が特徴的で、

URLとストリームキーを1行で

このようにURLとストリームキーを一緒に書く、URLの後にスラッシュ入れて、ストリームキーを入れるという書き方になります
Youtube の場合、ユーザー名とパスワードは特にないのでこのままですね

先ほどの画面に戻ります。

パブリッシュはもうをスタートしてる感じなので、これで Youtube の方に、映像を来てますね。

RTMPでYoutubeに配信可能です。

こんな形でh.264でデータを送ることが可能です
はい、以上、kiloview E1 NDI Encoder で RTMP パブリッシュでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です